時計

セイコーアストロン時刻合わせの方法を解説

セイコーアストロン 時刻合わせの方法

時刻合わせの方法をご紹介します。お手持ちのセイコーアストロンのモデルによって、設定方法が異なる場合があります。そのため、お使いのモデルに合った方法をご確認ください。

モデル別の時刻合わせ方法

GPSソーラーモデルの場合

1. リューズを 1 段引きする。
2. 秒針が 12 時位置に移動するまで待つ。
3. リューズを通常位置に戻す。

電波ソーラーモデルの場合

1. リューズを 2 段引きする。
2. 時計が現在時刻を受信し、時刻合わせが完了したらリューズを通常位置に戻す。

クオーツモデルの場合

1. リューズを 2 段引きする。
2. 時針と分針を正しい時刻に合わせる。
3. リューズを通常位置に戻す。

時差調整方法

海外旅行などで時差がある場合、時刻を調整する必要があります。

GPSソーラーモデルの場合

GPS機能を利用することで、自動的に現地時間に合わせてくれます。

電波ソーラーモデルの場合

モデルによっては、時差を自動で調整できるものがあります。ただし、対応していないモデルの場合は、手動で時差を調整する必要があります。

1. リューズを 3 段引きする。
2. 秒針が高速で動いている間、都市コードを調整する。
3. 秒針が 12 時位置に移動したら、リューズを通常位置に戻す。

クオーツモデルの場合

手動で時差を調整する必要があります。

1. リューズを 2 段引きする。
2. 時針と分針を、時差分だけ調整する。
3. リューズを通常位置に戻す。

その他の注意点

時刻合わせは、電波が届きやすい屋外など、良好な受信環境で行ってください。
電池が切れている場合は、時刻合わせができません。定期的に電池交換を行ってください。
時計が磁気の影響を受けている場合は、正確な時刻合わせができないことがあります。時計を磁気から遠ざけてください。
時刻合わせの設定は、製品によって異なる場合があります。詳しくは、取扱説明書をご確認ください。

セイコーブランドの格付け

セイコーは、1881 年創業の日本の高級時計メーカーです。世界で高い評価を得ており、国際的に認められたブランド格付け機関によって、常に上位にランク付けされています。例えば、セイコーブランド格付けでは、常に上位 10 位以内に入っています。

セイコーの時計は、その品質、精度、革新性で知られています。同社は、クオーツ時計、GPSソーラー時計、グランドセイコーなどのハイエンドモデルを含む幅広い時計を製造しています。セイコーの時計は、機能的かつスタイリッシュであるだけでなく、投資としても優れた価値を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です